Apple純正の電源アダプタを横向きに設置できるTen One Design Blockheadにホワイトバージョン登場。

アダプタ本体の角度を90度変えるとともにケーブルにも負担の少ない角度へ

フォーカルポイント株式会社(本社:横浜市中区山下町、代表取締役 恩田英樹 以下弊社)は、MacBookやiPadなどの純正電源アダプタの電源プラグ部分と交換することで、電源プラグを横向きの状態で使用できる変換プラグ「Ten One Design Blockhead White」を販売します。

「Ten One Design Blockhead White」を使用することで、Apple純正の電源アダプタをコンセントに対して平行に取り付けることができます。これにより、ソファーやデスクなどによって、壁面に隠れているような狭い空間にあるコンセントでも純正電源アダプタを使用することができる画期的な製品です。

Blockheadの構造と安全性

Ten One Design Blockheadは、アップルの純正電源アダプタで採用されている国際電気標準会議(IEC)で定められた「IEC 60320-C7」と、米国NEMA規格の「NEMA1-15」に準拠しており、純正電源アダプタの電源プラグ部分と交換して使用できます。本体は、ABSによりシェル構造で作られており高い耐久性があり、日本の電気用品安全法で定められているPSEに適合しています。

30mmのスペースで設置可能、約76% スリム化

Ten One Design Blockheadは、サイズの小さな変換プラグでも、大きな変化が生み出します。電源アダプタの設置方向を縦から横にすることで、設置に必要なスペースは約30mmとなり今までより約76%もスリム化可能です。純正電源アダプタを横向きに設置できるわずかなスペースだけで電源供給のスペースを確保できます。

電源ケーブルは自然な下側にレイアウト変更

純正電源アダプタの状態では、電源ケーブルは背面から出る形ですが、Blockheadを取り付けることで、電源ケーブルは自然な下方向にレイアウト変更されます。電源ケーブルやUSB Cケーブルに無駄なテンションがかからないので、ケーブルを傷めにくく使用できます。

コンセントにピッタリフィット

純正電源アダプタがコンセントを使っていて、いつの間にか充電がされていなかったり、コンセントから外れてしまった経験はありませんか? 純正電源アダプタの状態では、電源アダプタの自重によりコンセントとの接続が不安定でコンセントに負荷をかけた状態となります。Blockheadは、コンセントに対してピッタリとフィットするので、無駄な負荷がコンセントにかからず安定して使用できます。新幹線やカフェのコンセントなどでも、しっかりフィットします。

プラグ部分の取り替え可能なApple純正電源アダプタならすべて使用可能

Blockheadは、純正電源アダプタの機種を選びません。最新のMacBook Pro用のApple 87W USB-C電源アダプタから、iPad Air、iPad Pro 2017年以前のモデル用の10W USB電源アダプタ、12W USB電源アダプタなど機種を選ばず、幅広く使用できます。なお、iPad Pro 2018年モデルの純正電源アダプタに組み合わせることはできません。

製品仕様

本体サイズ
約30(W)×30(H)×18.5(D)mm 突起部含まず
重量
約17g
コネクタ
IEC 60320-C7 / NEMA1-15
パッケージサイズ
約101(W)×165(H)×27(D)mm
パッケージ重量
約66g

同梱品

Ten One Design Blockhead本体

対応モデル

  • Apple 87W USB-C 電源アダプタ
  • Apple 61W USB-C 電源アダプタ
  • Apple 29W USB-C 電源アダプタ
  • Apple MagSafe 2 電源アダプタ
  • Apple MagSafe 電源アダプタ
  • Apple 12W USB 電源アダプタ
  • Apple 10W USB 電源アダプタ

Ten One Designについて

Ten One Designは、米国ニュージャージー州モントクレアに本社を置くアクセサリメーカーです。iPadをMacBookに装着できる「Mountie」や革新的なゲームコントローラ「Fling」など個性的で創造性に富んだ製品を数多くリリースしています。